被害レベルで対策が違う!鳩対策をする前に状況を確認しよう

金属を腐敗するほどの威力!鳩の糞を排除しないといけない理由 金属を腐敗するほどの威力!鳩の糞を排除しないといけない理由

被害レベルを確認~糞の量で分かる被害状況~

鳩による住宅の被害レベルは、糞の量で確認することが可能です。被害を把握し、それに応じた鳩対策を行いましょう。

鳩の被害レベル

自宅に大量の糞が発見された場合、被害レベルは3を満たしている可能性があります。被害レベル3では、ねぐらとして安全な場所だと判断し、長時間も滞在し続けるのです。そうなると、騒音や大量の糞などの被害が大きく拡大します。そして、その状態を放置しておくと、巣作りを始めるのです。鳩の習性として強い縄張り意識から簡単に出ていくことはないでしょう。しかし、レベル3同様に騒音や大量の糞が落ちているなど、大きな住宅被害を受けてしまいます。

被害レベルが悪化した場合の判別方法

鳩の群れ

毎日鳩の糞始末をしているにも関わらず、毎回同じ場所に集中しているケースがあるかと思います。その場合、すでにその場が鳩の巣と化していることが考えられるでしょう。鳩の糞は悪臭だけではなく、危険な病原菌が含まれています。さらに糞は金属を腐食させ、建物自体を劣化させる危険性もあります。速やかに巣を撤去し、鳩対策が必要です。

被害レベルに応じた鳩対策

防鳥ネット
鳩の侵入を物理的に防ぐネットは、家の美観と合わせて様々なカラーや目幅のネットがあります。また、取り付け方法は主に建物を傷つけないボンド・ベース工法、耐久性に優れたアンカーとワイヤー工法があり、好きな方を選択可能です。
電気ショック
鳩が停まりやすい場所に電線を設置することで、微弱な電流で痛みを与え、危険地帯として認識させる対策法です。電源はソーラーパネル多雨王もあり、電気工事やメンテナンスは不要ですが、数年に1回ほどバッテリー交換が必要になります。

メンテナンス保証付きで安心

防鳥ネットや電気ショックで鳩対策を行う場合、住宅に被害レベルが重度である場合に導入するのが望ましいです。業者では5年間の保証制度があるので、初めて鳩対策をする人も安心して対策をすることができるでしょう。  

TOPボタン